ARあるある言いたい

VR・ARのことについて書いていきます

HoloLensがうちに来てから1か月が経ちました

なかなかブログ書くことに慣れなくて時間が空いてしまった。当初、HoloLens関連記事はタイトルに日数を含めるつもりでいたのだが、HoloLensがうちに来たのは発送日翌日の1/20金曜日で、公式の発売日である1/18とはズレがある。HoloLens予約開始と同時に購入したのに記事タイトルに書く日数が発売日とずれることは、なんとももどかしいところ。なので今回は一か月とお茶を濁した。このタイトル形式は無理があるかもしれない。いつかしれっと変えるかもしれない。


間が空いてしまっていろいろあったが、twitterを見ながらつらつら振り返っていこう。


初のARみたいな。


HoloLensを普段使いするための環境を整える。

ここで言っている「ダッシュボードアプリ」というのは、時計とか天気情報とかスケジュールとかをまとめて表示するアプリのことです。ダッシュボードっていうのはmacの機能の名前だったそうで、不適切だった。なんて言うべきか…。ともかく、そういう環境が欲しいわけです。基本的な情報を、常に大きく壁に貼っておきたい。twitterも常時表示しておきたい。

いろいろストアアプリから探したんですが、まず情報をまとめて表示させるものは無さそう。なので1つずつアプリを起動して並べておくことにしたんだけど、ちょうどいい塩梅のものがなく。まず前提として、HoloLensはアプリを起動したらまずそのアプリのホロ(ウィンドウのこと)を空間や壁に設置して、それに対して操作を行う、という流れなんですね。で、このとき同じアプリを複数ウィンドウで立ち上げると、その表示は同期してしまうのです。これがいろいろなところでネックになりました。

まず、時計は日本の時間と知り合いのいるベルリンの時間を一緒に表示させておきたかったんですが、同時に表示できるアプリは「」くらいしか見つからず、デザインはあまり気に入らなくて微妙だなー思いながらもこれを使うことにしました。

次に天気だけ表示する、というのは無かったので、時計アプリの「」で代用。普段使いの時計は「」で、ちょっと気取ってにベルリンの時間を見ようってときは「」としました。

次にメールとカレンダーは、「Outlook Calendar & Mail」。これはメールとカレンダーで別アプリなので同時に表示させておくことができます。問題はカレンダーで、予定を一望できる一か月表示と、予定の時間まで確認できる一週間表示を一緒に出しておきたかったんですけど、これが上記の「同じアプリを複数ウィンドウで立ち上げると、その表示は同期してしまう」に引っかかってしまいました。二つ立ち上げることはできても両方が同じ表示形式になってしまうんですよね。なのでこれは未解決となりました。

それで完成したのがこれ。

www.youtube.com

いろいろ直していかないとね。


それから、Tokyo HoloLens Meetupがあって遊びに行きました。こういうイベントは初めてだったので雰囲気が知れてよかった。よーし、頑張るぞー。


今は作りたいアプリがあるのでHoloAcademyで勉強しながらボチボチやってます。並行してPhab2Proとも遊んでます。そっちも何か書きたいネ。