ARあるある言いたい

VR・ARのことについて書いていきます

どうやって新しいことを勉強すればいいのか

まったくブログを書いていない。最近は何をしているかというと某大手企業のAR研究案件にアサインされています。 HoloLensやTango触れるよ!と聞いて意気揚々としてたんですが、当然それだけでいいわけでもなく、昨日とかはAndroidのネイティブ開発するにあたって下地作りといいますか、環境構築してました。

色々ググって調べたもののAndroid Studioのバージョン違いで全然状況が違ってたりして使い物にならず、とりあえずAndroid Studioいじって自分で糸口を見つけていろいろやってたものの、結局はgoogleの公式ページに当たって「なんだよ最初からこれ見ればよかったじゃーん」ってなってました。それでもそれだけじゃうまくいかず、ほかに調べたり自分でトライ&エラーする必要があったわけだけど…

どうも自分は公式ドキュメントの読み方がうまくないようだ。Oculus SDKのときも色々遠回りした挙句「何だこんな簡単なことかよー」ってなってた。あれはUnityも初めてだった、というのも原因としてありそうだけど。

ただ開発者向けの情報なんて、公式であっても整理されてないものいっぱいあるというのも事実だから難しいところ。

ではどうすればよかったのか。

まあ公式ドキュメントを一から読んでできそうならそれに越したことはないんだけど、時間がかかりすぎるし、自分の目的には不要なことも多いと思う。なので「特定の機能を使えるようにする」を目標に考えてみる。

(1)まず、自分の習熟度が低ければ低いほど、まずは「作法に慣れる」ことが必要になる。作法に慣れるためには、サンプルプログラムなりをさっさと起動させて、いろいろ触りまくって、都度考えて、対象物の認識を自分の中で(まずは自分なりに)作り上げていくことになる。

(2)自分なりの認識で「やりたいことを達成するにはどういう手順が必要か、何の情報が必要か」を文章化する。なので前段でいろいろ触りまくってるときにそれを意識していたほうがいいだろうか。多分歯抜けになるだろうけど、いろいろ調べて強引にでもできるだけ埋める。

(3)公式ドキュメント全体を眺める。そして自分の目的と関連ありそうな項目をピックアップし、順番に中身を軽く見る。このとき、ドンピシャなものが見つかれば読み込み、わからない単語は調べる。理解できない概念は大体知らない単語の集合体なので、わからない概念があってもあまりウンウン悩まないで、さっさと単語をググって知識を積み上げていく。

(1)~(3)の繰り返しになるだろうか。もっといい方法あるかもしれないけど「学問に王道なし」らしいので、とりあえず自分の考えまとめてみました。これ別に公式ドキュメントに限らないな。web全体としてもよさそう。途中でバージョン違いによる情報の食い違いとかあって混乱すること、結構ありそうだけど、これの対策は「慎重になる」くらいしか思いつかない。勉強って、目に見えない頭の遠足みたいなものだと思うので、実際の遠足よりも慎重に、自分の状態や足元に敏感になるべきだと思う。頭が疲れてくると、惰性でだらだらと迷子になっていくので、目標と自分の向いてる方向を常に意識しないと結構危ない。(2)の文章化は地図を描くということで、(1)(3)の段階では途中でパンくずを置いていく(ログ、メモを取る)のもいいと思う。

Androidネイティブ開発の環境構築については後日まとめようかと思います。

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

この本にもっとまとまって書いてあったと思うけどちゃんと読めてない。